※個人再生とは|あなたの知識、ホントに正しいですか?|

※個人再生とは|あなたの知識、ホントに正しいですか?|

※個人再生とは|あなたの知識、ホントに正しいですか?|

個人再生とは債務整理の1つであり、債務の総額によって5分の1から10分の1まで債務を減額できるものです。ただし、債務の総額には住宅ローンを除いて5000万円までの上限があります。
個人再生とは減額後の債務を返済するものであり、返済期限もあります。原則として3年、特別な事情が認められた場合に最長で5年以内に返済できる計画を立て、それを実行できると裁判所や過半数の債権者に認められなければなりません。計画が認められない場合は債務の減額はできません。実際に返済を行えるのか事前にテストも行われるため、安定した収入がないと利用できません。
個人再生とは個人で手続きを行うこともできますが、必要な書類に不備があると提出期限に間に合わなくなることもあるため、弁護士などに依頼した方が良いです。
個人再生とは債務のすべてを対象とする債務整理であるため、連帯保証人がいる場合には注意が必要です。連帯保証人には、減額された分の債務を一括で弁済しなければならない義務があります。また、個人再生を行うと債権者の取立てが禁じられますが、これは個人再生した人だけが対象になります。そのため、保証人に対して債権者から取立てが行われます。保証人も債務整理すれば弁済の義務はなくなりますが、このような理由による債務整理でも個人信用情報機関に事故情報として記録されるため、今後のカードやローンの利用に影響が出ます。もし保証人のいる債務がある場合、個人再生以外の債務整理でその債務を外して整理することで状況の改善を行えないか考えなければなりません。