個人再生にはいくら費用が掛かるのか知りたい!その疑問に答えます!

個人再生にはいくら費用が掛かるのか知りたい!その疑問に答えます!

個人再生にはいくら費用が掛かるのか知りたい!その疑問に答えます!

個人再生は裁判所に申し立てて行う債務整理のひとつで、自己破産と異なり場合によっては住宅や車を手放さずに借金問題を解決することができる法的な救済措置です。
裁判所に申し立てる債務整理は、手順を踏み適切な書類を用意できれば個人でも行うことが可能ですが、すべての債務一切を免除してもらう自己破産と異なり個人再生では大幅な債務の減額を求めるため、しっかりとした再生計画案を立てる必要があります。そのため、個人破産よりも個人再生の方が費用が高額になります。
個人再生にかかる最低限の費用としては、裁判所に提出する書類等に掛かる収入印紙代や官報掲載費用、郵便切手などで2万円ほど掛かります。また個人再生委員が必要とされる場合には委員に支払う報酬として25万円程度必要になります。
弁護士や司法書士を雇う場合にはこれらにプラスして報酬が必要になり、司法書士の相場では20万円から30万円程度、また弁護士の相場では30万円から50万円程度であり、最低でも50万円以上の費用が必要になります。なお、弁護士や司法書士を利用するメリットとしては個人再生委員への報酬が15万円程度に減額でき、また客観的に申請した債務者の状況を判断して、実現可能な再生計画案を立ててもらえるという点です。
なお、自己破産の相場は、司法書士であれば15万円から30万円、弁護士であれば20万円から40万円となっています。これは個人再生よりも手続きが明快であるためですが、20万円以上の財産および99万円以上の現金は没収されることになります。